教員からの転職

教員からの転職が難しいと言われる理由【結論:強み活かせば大丈夫】

教員からの転職って難しいってよく聞くけど、どうなんだろ?
就活もしたことないし、不安しかない、、、。

教員からの転職を考える方にとって多い悩みです。
この疑問に答えます。

本記事の内容

  • 転職の難しさは経験不足による不安が大きい
  • 教員経験の強みを活かせる就職先は多い
  • 3ヶ月の勉強で就職できる業界もある

教員から転職された方を今までたくさん見てきました。

それが教諭であれ講師であれ、どの先生も最初は転職に対して不安も持っていらっしゃいました。ですが、みなさん教員を辞めて転職を成功されています。

教員から転職された方のお話から、難しいと言われる理由や、転職はできるということをまとめました。

転職の難しさは経験不足による不安が大きい

転職したいけど、何したいいのかわからない、、、。

このように思われる方はかなり多いです。
それもそのはず。教員は就職活動の経験がない人が多いのです。

教員でない友人を見れば

・学生のうちにエントリーシートを何枚も書き
・学校の就職支援課のサポートを受け
・いろんな会社に応募し
・入社試験をくぐり抜けて就職

としていたわけです。

一方教員はどうでしょうか。

・教採を受験する
または
・講師登録を提出する

これで教員になれるわけです。

特に講師の場合、志望動機を書くこともなく、面接もせずに講師として働くことができます。
こうなると転職する時に思うわけです。

転職って何をしたらいいのかわからない、、、。

だから、最初にやるべきなのはやることを知るということです。
転職するにはどういった情報が必要で、どんな準備をするのか、就職までにやるべきことは何か。
これらのことがわかれば、行動に移すことができます。

では、やることを知るために何をすればいいのか。
一番簡単なのは転職サイトに登録することです。
転職サイトに登録することでたくさんのメリットがあります。

✅転職サイトに登録するメリット

  • エージェントが転職のサポートをしてくれる
  • 非公開の求人を含め、多くの求人情報を知ることができる
  • 自分の得意なことや適性に合わせた仕事を見つけやすい
  • 複数の会社にまとめてエントリーできる

このように転職するうえで、便利なサービスをたくさん利用することができます。
しかもデメリットが特にありません。

というのも、転職サイトは基本的に無料だからです。

無料と聞くと詐欺じゃないかとも思いますが、転職サイトは会社から紹介料をもらっています。「社員を募集しているので、良い方を紹介してくれたらお礼をお渡しします。」という具合です。ですので、求職者が転職サイトにお金を払う必要はないわけです。

転職を考えているのであれば、まずは転職サイトに登録することが行動の第一歩となります。
もちろん退職する前から次の職を探してもいいですし、複数のサイトに登録してより良い求人を探すのもいいでしょう。

オススメ転職サイト

3分でできるキャリア診断で、自分に合った働き方が見つかる
若手ハイクラス向け転職サイト『VIEW』


20代の方にオススメ
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】


コンサルタントのサポートが手厚く、就活・転職活動が不安な方にオススメ
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス【POSIWILL CAREER】

教員経験の強みを活かせる就職先は多い

教員からの転職は難しいと言われますが、教員経験が活かせられる仕事があるのも事実です。

教員は免許が必要な仕事です。つまり、他の人にはない高い専門性がある証拠です。
この高い専門性が何なのかは人によって異なるでしょう。

  • 大勢の前で物怖じすることなく話すプレゼンテーション能力
  • 年齢や性格に関係なく話せられるコミュニケーション能力
  • 人にわかりやすく丁寧に説明できる指導技術
  • 教科指導を軸にしたその分野の知識と指導技術
  • 子どもの特性に応じた接し方のできる対応力

「教員は世間知らず」と言われることもありますが、言い換えるとそれは何かの能力に特化したエキスパートだということです。
この強みを活かした就職先を探すのは、とても理にかなってます。

教員経験を活かした職業には何があるのかをご紹介していきます。

塾講師

教員からの転職で思いつきやすいのが塾講師です。
これまで培ってきた学習指導の能力や教科の知識をそのまま活かすことができます。

学習指導に特化し、塾固有のテキストが作られている場合が多いです。
カリキュラムや指導内容が練られており、指導がしやすいことが特徴です。

もちろん塾によって指導のレベルが異なります。
集団指導塾は受験指導が多く、学校での指導以上のレベルが求められることが多いです。
個別指導塾は成績を上げたくて通塾する子もいれば、親に無理やり通塾させられてる子もいるので千差万別。学習指導以外に生徒のモチベーションを上げるようなメンタル面の指導が必要になることもあります。

この辺りは学校でも習熟度別指導が行われていますので、それに近い感覚です。
ただ、受験指導に力を入れている塾ですので、こちらも本気で勉強しないと指導が難しくなります。その分、学力さえつければ給料は上がり、仕事にこまることはなくなるでしょう。

児童指導員

児童福祉施設に通所、入所する子どもたちの健全な育成を支援する仕事です。
通所、入所する子はそれぞれ様々事情を抱えています。子どもの話を聞いてあげるコミュニケーション能力や特別支援のスキルが活かせられます。

児童発達支援(児発)や放課後等デイサービス、児童養護施設といった施設で働きます。
学習指導よりも子どもとの関わり、心身の成長を支えたいという方には塾よりも向いている仕事です。

また、児童指導員として働くには児童指導員任用資格が必要です。
その条件はいくつかありますが、教員免許を所有している場合には児童指導員の任用資格を得ることができます。

つまり、教員をしている方はほぼ全員が児童指導員になることができることになります。

また児童指導員として施設で働きながら、児童福祉司の任用資格を取得して児童福祉司や保育士にキャリアチェンジすることも可能です。
キャリアの幅を広げる生き方ができるのは児童指導員の魅力の1つです。

営業

教員は人と接することが非常に多い仕事です。
日々たくさんの子ども達や同僚、そして数多くの保護者や業者とのやり取りなどをしています。
人と話すと能力は、教員は日常からかなり鍛えられています。

また、子どもや保護者は性格や個性が様々です。その中で相手に合わせて授業をしたり学校での出来事を説明したりしています。このスキルも営業で活かすことができます。お客さんは人それぞれ考え方や性格が異なります。そんな相手に合わせて話すことができれば、商談を上手く進めることができます。しかも授業をする中で要点を押さえて話すことにも慣れています。

・人と接することが苦でない
・相手に合わせた話し方ができる
・要点を押さえて話せる


これらのスキルは営業をおこなう上でとても有利になります。
これまで子ども達に行ってきた授業や保護者対応、同僚とのやり取りなどを活かすことができます。

また、営業は給料が上がりやすい仕事です。
培ってきたスキルを上手く活かせば、より高い年収を得られるようになるでしょう。

介護福祉士

介護の仕事も教員で培ったスキルを活かしやすい仕事です。

特に小学校教員はその傾向が強く
・聞き手が理解できるように丁寧に話せる
・相手の悩みをゆっくりと聞ける
・相手が行動するのを待つことができる
こういったスキルはそのまま介護の世界でも活かすことができます。

また、施設利用者のお孫さんやご家族と接する時にも教員経験が活かせられます。

少子高齢化が加速すると言われ、介護の業界は需要が非常に高いです。未経験でもこの業界で働くことは難しくありません。それに実務経験を積むことで介護福祉士国家資格を受験して、介護福祉士になキャリアアップすることもできます。

需要が増え続ける業界、キャリアアップ
教員の経験を活かしながら、職に困らない業界への転向も人生の選択肢の一つとしていいでしょう。

オススメ転職サイト

3分でできるキャリア診断で、自分に合った働き方が見つかる
若手ハイクラス向け転職サイト『VIEW』


20代の方にオススメ
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】


コンサルタントのサポートが手厚く、就活・転職活動が不安な方にオススメ
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス【POSIWILL CAREER】

未経験でも10週間の勉強で就職できる業界

教員の経験が直接活きるわけではありませんが、教員のスキルがあることで他の人と差別化できる業界もあります。
それはIT業界です。

IT業界は成長産業で、パソコンやスマートフォンの普及など、今後ますます拡大していく業界です。
そして今後も人手不足や需要が拡大すると言われています。そのため、業界未経験の人でも採用されるようになっています。
このあたり、小学校教員からIT業界へ転職された方の体験談が参考になります。

【体験談】教員からの転職でオススメの業界【ブラックからホワイトへ】

続きを見る

教員からIT業界に転職すると最初はついていくのが大変ですが、他のITエンジニアに持っていないスキルがあるので差別化を図ることができます。

✅教員からIT業界に転職するメリット

  • ずば抜けたコミュニケーション能力を発揮できる
  • 資料作成など、人に伝える能力を活かせられる
  • 教員に戻ったとしてもITスキルがあり教採や日々の業務を有利に進められる

人と関わることが少ない業界だからこそ、正反対の教員経験は強みとなります。

また、いくら業界が人手不足とはいえITスキルが0では就活で苦労します。
ですので、プログラミングスクールを活用するとITスキルの習得や転職が早まります。

カリキュラムが10週間で完了する短期集中の学び方や、働きながらでも学べる学習方法があります。
早くスキルを習得したい方や、仕事と学習・就活を並行したい方にも向いています。

IT業界は

  • 成長産業で将来の心配が少ない
  • 給料が上がりやすい
  • 専門スキルが身に付く
  • 副業可の会社が多い
  • テレワークできる会社が多い
  • 未経験でも短期間の勉強で入れる

とメリットが非常に多い業界です。
教員としてのスキルは直接活きるわけではありませんが、自分の持つ強みの一つとして持っておくことができます。そして部下をマネジメントする時や資料作成する時などに他の人との差別化を図ることができます。

オススメサイト

【無料】受講料無料のプログラミングスクール
未経験からプログラマーへの転職率95.1% 『GEEK JOB』

IT業界への転職にオススメの転職サイト
IT専門転職エージェント@PRO人【アットプロジン】

まとめ

教員からの転職は難しいと言われますが

  • 転職の難しさは経験不足による不安が大きい
  • 教員経験の強みを活かせる就職先は多い
  • 3ヶ月の勉強で就職できる業界もある

自分の状況を見つめ強みを知れば、難しいことではありません。
また、10週間ほどの勉強をすれば未経験でもホワイト企業に入ることも可能です。

転職を考えている方のお役に立てれば嬉しいです。

オススメ転職サイト

3分でできるキャリア診断で、自分に合った働き方が見つかる
若手ハイクラス向け転職サイト『VIEW』


20代の方にオススメ
20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】


コンサルタントのサポートが手厚く、就活・転職活動が不安な方にオススメ
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス【POSIWILL CAREER】

スポンサーリンク

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- kyosaijuku-kishigami-pc -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4823977368031872"
data-ad-slot="7542936846"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-教員からの転職