お役立ち情報

【低倍率】自治体別2021年教採の倍率一覧

岸上 隆文

2021年に行われた採用試験の実施状況が出揃いました。
自治体別の倍率一覧をご紹介します。

2021年実施教採の実施状況

2021年の教採がすべて終わり、情報が各自治体から発表されています。

自治体・校種・教科ごとに
総受験者
2次受験者
最終合格者
倍率

が発表されています。

この中でも重視したいのは倍率です。
倍率は受かりやすさの指針の1つですが、来年の受験の大きな参考になります。倍率の変化は少なく、
・高倍率の○○県が翌年低倍率になった
・低倍率の○○県がいきなり高倍率になった
ということはそうそうありません。

つまり

来年の倍率は今年の倍率が参考になる

ということです。

来年受験される方は、今年の倍率から受験する自治体(併願含む)を考えることができます。今から対策をすれば、3~4月から対策を始める人と大きく差をつけることができます。

2021年実施試験の倍率

全国で66の自治体が採用試験を実施しています。

2021年実施の試験は何といっても

多くの自治体で受験者減による倍率低下

したというのが大きな特徴です。

倍率が上がったのは自治体は3~4つ程度で、後は軒並み低下しています。
これには教員の働き方がブラック労働であることが広く知られるようになったことが大きな要因でしょう。
また、魅力を伝えるために文科省が行った「#教師のバトン」プロジェクトも、教員のブラックさを拡散させることになりました。

その結果、小学校では全国の1/3以上である27自治体で2倍以下になっています。
中学・高校もそこまでは行きませんが、倍率は下がっています。

この傾向は九州や東北に特に多くみられますが、東京や埼玉県などの首都圏でも低倍率化が進んでいます。

反対に関西と沖縄県は高い倍率となっています。
全国で一番高倍率の沖縄県は7.8倍。
2番目に高い神戸市は7.1倍です。

これらの自治体を第一志望にしている方は、倍率の面からも他県を併願することも視野に入れてみるといいでしょう。

自治体別倍率一覧

全国66自治体の教採の倍率です。

今後の受験先や併願受験の参考にどうぞ。

自治体倍率
富山県2.1
岡山市2.1
新潟市2.2
福岡市2.2
長崎県2.3
佐賀県2.4
山形県2.4
福岡県2.7
広島県・市2.7
北海道2.8
鳥取県2.8
大分県2.9
秋田県2.9
岐阜県2.9
愛媛県2.9
千葉県・市2.9
熊本市2.9
新潟県2.9
川崎市2.9
横浜市2.9
宮城県3
島根県3
山梨県3
北九州市3
仙台市3
福井県3
熊本県3.1
鹿児島県3.1
山口県3.1
さいたま市3.1
宮崎県3.3
茨木県3.3
埼玉県3.3
相模原市3.4
東京都3.4
石川県3.4
和歌山県3.5
静岡市3.5
栃木県3.6
長野県3.6
福島県3.7
岩手県3.7
神奈川県3.7
名古屋市3.7
静岡県3.8
浜松市3.8
大阪市3.9
京都府4
愛知県4.1
大阪府4.1
滋賀県4.2
岡山県4.4
札幌市4.4
青森県4.5
群馬県4.5
香川県4.6
兵庫県4.6
三重県4.7
豊能地区4.8
徳島県5.2
奈良県5.2
堺市5.3
高知県5.7
京都市5.8
神戸市7.1
沖縄県7.8

来年の受験にどうつなげるか

自治体ごとに倍率の差はありますが、その中でも校種・教科によって倍率はさらに変わってきます。
その分だけ、受験の戦略にも違いが出てきます。

校種ごとに低倍率の自治体をまとめていますので、そちらの記事も参考になさってください。
【小学校】2022年 低倍率で狙い目の自治体!
【中学校】2022年 低倍率 狙い目の自治体!
【高校】2022年 狙い目の自治体!
【特別支援学校】2022年 狙い目の自治体!

また、受験の際には併願受験することをオススメしています。
併願受験には多くのメリットがあるからです。
(詳細は【日本全国】66自治体の情報を集めまくって気づいたことで解説)

・面接の練習になり、本番の緊張感を経験できる
・いろんな質問を知れて、対策ができる
・受かった際に、進路の選択肢が増える
・試験会場や勉強会などで仲間を作る機会が増える
・受験料はタダなので、リスクが少ない

本命ではない自治体でも、受かって働いてみたら思っている以上に過ごしやすいということはよくあります。また、合格してから本命の自治体を受け直すという選択肢もできます。

現職教諭の試験一部免除は多くの自治体で行われているので、併願先で受かって本命でも合格しやすい状況を作るということもできます。

ただ、併願する・しないのどちらにしても対策を早くから始めるのは大事です。新年度になって勉強時間が確保しにくい環境になるかもしれません。多くの人が勉強を始めていない秋~冬の間にスタートを切ることで、来年の合格がグッと近づきます。

自分の未来は自分で作る

年に1回の教員採用試験。
合格すれば安定した職に就くことができますが。合格しなければ次のチャンスは1年後です。

合格できる実力を試験までにしっかりとつけたいところです。
勉強や対策は継続することで大きな力になります。

未来の後悔を避けるためにも、対策のポイントを押さえておくといいでしょう。

あわせて読みたい
【50代も合格】教採合格に向けて実力を伸ばす!効果絶大の方法

続きを見る

また、教採合格に向けて努力する一方で、人生を左右する試験を年に1回だけに絞るのはなかなかリスクの高いことだと考える方が多いです。

試験対策と同時に、セーフティネットを作っておくとで、より安心して行動できます。
教採と同時にとっておきたい行動4選【結論:早く次の行動を起こす】

教採対策おすすめ書籍

岸上 隆文

教採塾では
無料の対策メルマガ
教採対策セミナー
面接・模擬授業・小論文対策の資料
を用意しています。

詳しくはこちらのホームページから!
岸上隆文の教員採用試験対策塾

スポンサーリンク

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- kyosaijuku-kishigami-pc -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4823977368031872"
data-ad-slot="7542936846"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-お役立ち情報