北海道・東北

【2022年】仙台市教員採用試験のポイントと対策(新年度になる前から採用も)

福島・仙台
岸上 隆文

仙台市は新年度になる前から採用する可能性を明記しています。欠員などの条件はありますが、全国でも類を見ない珍しい制度です。また、去年に引き続き集団討論が行われます。仙台市のデータは少ないので、他県の集団討論テーマを調べてみたり、教育時事へのアンテナを高く張ることが対策の第一歩となります。

試験の変更点

いくつかの変更点があります。詳しくは令和4年度仙台市立学校教員採用選考実施要項をご確認ください。また、去年から教育力実践面接に代わり集団討論が行われるようになりました。教育力実践面接については記載がなく、集団討論のことが書かれているということは、去年のスタイルが継続されるのでしょう。

〇 仙台市任期付教員経験者特別選考を実施
〇 社会人特別選考(5名程度採用)を実施
〇 前年度受験者特別選考(第 2 次選考総合成績ランク★★★対象)を実施。

仙台市の求める教員像は

仙台市が求める教員像は3つあります。
募集案内より)

○たくましい精神力
教育者としての高い倫理観と使命感、情熱を持ち続ける教員

○豊かな人間性
人間味にあふれ、児童生徒・保護者・地域・同僚との関わりを大切にし続ける教員

○確かな指導力
専門性や実践的な指導力の向上を目指し、学び続ける教員

これらのことが求められています。

倍率と採用予定数

気になる倍率についてですが、去年の合格者数と今年の採用予定数を比べて考えてみましょう。

校種去年の合格者数今年の採用予定数増減
小学校150200名程度
中学校146150名程度同程度
高校5若干名同程度
養護教諭7若干名同程度
栄養教諭2若干名同程度
育休代替5450名程度-
社会人選考-5名程度-
合計364
(教諭310)
405名程度
(教諭355名程度)

小学校で50人増という大幅増員が目立ちます。また、育休代替教員が50名採用ですが、こちらは正採用の教諭とは異なります。平たく言うと3年間は雇用が確定している常勤講師です。教員採用試験と並行して行して実施されます。

倍率についてですが
・去年より採用数増(主に小学校)
・教員人気の低迷
ということから、倍率は去年の3.3倍から下がることが考えられます。

また、今後教採を受験される方は他都道府県の併願することを視野に入れるのもいいでしょう。経験とチャンス、選択肢を増やすことができます。
【日本全国】66自治体の情報を集めまくって気づいたこと

面接試験

仙台市では第2次選考で集団討論と個人面接が行われます。

集団討論

集団討論の注意事項

・当日指定される「テーマ」にそって,受験者 5~6 人 1 グループで討論。
・面接時間は入退室を含め約 30 分。

過去のテーマ(小学校)


震災を経験していない児童が増えてきました。今後防災教育を推進していくうえで工夫すべきことについて,みなさんで話し合ってください。

児童のコミュニケーション能力の低下が懸念されています。コミュニケーション能力の向上のために大切にしたいことについて,みなさんで話し合ってください。

これからの社会で求められる力の一つに,「他と協働する力」が挙げられます。児童に対してこのような力をどのように育んでいけばよいか,みなさんで話し合ってください。

保護者との懇談会の席で,「学力向上のために宿題を増やしてほしい」という意見と「習い事が忙しいから宿題を減らしてほしい」という意見が出ました。教員としてどのように対応していくか,みなさんで話し合ってください。

児童生徒の安全安心な生活が学校には求められます。安全安心な学級づくりのために担任として大切にしたいことについて,みなさんで話し合ってください。

特別な理由もなく欠席しがちな児童がいます。家庭環境に大きな問題も見られません。この児童とどのように関わっていったらよいか,みなさんで話し合ってください。

授業中の立ち歩きが目立つ児童を担任することになりました。この児童を指導するときに大切にしたいことについて,みなさんで話し合ってください。

担任している学級の学力が極端に低いことが分かりました。学力向上のために大切にしたいことについて,みなさんで話し合ってください。

児童の体力低下が懸念されています。体力向上のための取組について,みなさんで話し合ってください。

過去のテーマ(中・高・養護・栄養)


仙台市では「仙台自分づくり教育」を通して,社会的に自立できる力の育成を目指しています。「社会的に自立できる力」を育むために大切なことについて,みなさんで話し合ってください。

学校行事が果たす役割についてあなたはどのように考えますか。みなさんで話し合ってください。

授業や教師の話に集中できない生徒を指導するとき大切にしたいことについて,話し合ってください。

不登校傾向のある生徒が3日間続けて欠席したので,家庭訪問をすることになりました。心がけるべきことについて,みなさんで話し合ってください。

新学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」の視点からの授業改善が望まれています。授業づくりで工夫すべきことについて,みなさんで話し合ってください。

SNS 等における生徒間のトラブルが多く見られています。未然防止のため,担任として学級にどのように働きかけていくか,みなさんで話し合ってください。

不登校の生徒数が増加の傾向にあります。担任している学級から新たな不登校生徒を出さないために大切にしたいことについて,みなさんで話し合ってください。

現在「オンライン授業」が注目されています。「オンライン授業」を効果的に行う方法について,みなさんで話し合ってください。

「学級内でいじめが起きている」と保護者から情報提供がありました。担任としてどのように対応していくか,みなさんで話し合ってください。

(参考)集団討論について

教育実践力面接に替わって行われます。
内容については市のHPで説明されていた文章を転載してます。

Q
【2次選考】「集団討論」について教えてください。

A
これまで第2次選考では授業構想力や授業実践力などをみる「教育実践力面接」を行ってきましたが、令和2年度実施の選考から主としてコミュニケーション能力や場面対応力などをみる「集団討論」に変更いたします。
 集団討論は1グループ5、6名で45分程度、2つのテーマについて話し合っていただく予定です。一つは社会一般に関すること、もう一つは学校での指導場面を想定したテーマを予定しています。この討論では集団の中でのコミュニケーション能力、学校での学習指導の場面や生徒指導の場面における対応力などを評価します。

個人面接(Ⅰ・Ⅱ)

・20~25分
・面接官2人

評価の観点

・社会人としての常識を身に付けているか。
・教員としての適性を備えているか。
・コミュニケーション能力を身に付けているか。

過去の質問内容

・教員の志望理由
・仙台市の志望理由
・なぜ宮城ではなく仙台市か
・ストレス解消法は
・何かに失敗したとき、どう対応するか
・残りの学生生活をどう過ごすか
・成功体験と失敗体験は
・周りからどんな人と思われているか
・いじめについての考えは
・いじめを防ぐにはどうするか
・もし担任する学級でいじめが起きたら
・インターネットいじめについて
→どうやって防ぐか
・東日本大震災から、どのようなことに気をつけているか
・震災の被害に遭った家庭や子どもに、どのような心のケアをするか
・不登校への対策はどうするか
・家庭の教育力の低下と言われるが、どう考えているか
・ネットでのプライバシーの問題にどう対応するか
・生活リズムの乱れている子どもに、どう対応するか
・体力の低下に対して、教員としてできることは
・基礎基本の定着をどうしていくか
・学習に遅れがちな子供にどう指導するか
・授業で心がけること
・教師の大事な資質は
・コミュニケーション能力をつけるためにどのような指導をするか
・防災教育で大事にしたいことは
・インクルーシブ教育について
・教員の多忙化を解消するためにできることは
・ストレス解消法は
・担任になったらどんな学級を作りたいか
・同僚と指導の仕方に違いがある時はどうするか
・震災の記憶を風化させないためには
・チーム学校とは
・教員間の連携で心がけていることは

(参考)模擬授業・場面指導

令和3年度採用以降の試験では、教育実践力面接は集団討論に置き換わります。

当日指定する教科・単元の,一単位時間の指導案を作成する。(指導案作成時間 40 分間)作成した指導案について面接委員の質問に答える。(模擬授業は実施しない)この授業で起こりうる児童生徒の様々な反応について,どう対応するかを答える。

評価の観点
・授業構想力を身に付けているか。
・授業実践力を身に付けているか。
・コミュニケーション能力を身に付けているか。

過去の課題

・小学3年
かけ算のしかたを考えよう「かけ算の筆算(1)」
ある数が基にする大きさの何倍かを求める場合にも,除法が用いられることを理解できるようにする。
・小学6年
文章を読んで自分の考えを持とう「イースター島にはなぜ森林がないのか」
イースター島から森林が失われた原因について,筆者がどんな例を挙げながら論を進めているか,読み取れるようにする。
・中学2年
扇の的-「平家物語」から
場面の状況や登場人物の心情に着目して,物語に描かれているものの見方や考え方を捉えることができるようにする。
・中学3年
関数 y=ax2
1次関数と関数 y=ax2の関係をもとに変化の割合の特徴を考えることができるようにする。
・小学6年
病気の予防「感染症の予防」
病原体がもとになって起こる病気の予防には,病原体が体に入るのを防ぐこと,体の抵抗力を高めておくことが必要であることを理解できるようにする。

これ以外の指導案作成課題は
仙台市立学校教員採用選考の概要
で公開されています

自分の未来は自分で作る

年に1回の教員採用試験。
合格すれば安定した職に就くことができますが。合格しなければ次のチャンスは1年後です。

合格できる実力を試験までにしっかりとつけたいところです。
勉強や対策は継続することで大きな力になります。

未来の後悔を避けるためにも、対策のポイントを押さえておくといいでしょう。

あわせて読みたい
【50代も合格】教採合格に向けて実力を伸ばす!効果絶大の方法

続きを見る

また、教採合格に向けて努力する一方で、人生を左右する試験を年に1回だけに絞るのはなかなかリスクの高いことだと考える方が多いです。

試験対策と同時に、セーフティネットを作っておくとで、より安心して行動できます。
教採と同時にとっておきたい行動4選【結論:早く次の行動を起こす】

教採対策おすすめ書籍

岸上 隆文

仙台の教育の施策や求められる教員像、教育課題などは、こちらの資料にまとめられています。読んで仙台の教育への理解を深めるといいでしょう。
第2期仙台市教育振興基本計画(概要版)
仙台市立学校教職員人材育成基本方針
確かな学力育成プラン

教採塾では
無料の対策メルマガ
教採対策セミナー
面接・模擬授業・小論文対策の資料
を用意しています。

詳しくはこちらのホームページから!
岸上隆文の教員採用試験対策塾

スポンサーリンク

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- kyosaijuku-kishigami-pc -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4823977368031872"
data-ad-slot="7542936846"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-北海道・東北
-,