中部

【2022年】新潟市教員採用試験のポイントと対策(倍率低下!)

新潟
岸上 隆文

新潟市では、今まで第1次検査で行われていた面接や模擬授業が第2次検査で行われるようになりました。1次では筆記に専念できるようになり、メリハリをつけた対策が有効になります。

試験の変更点

変更点が3つあります。
教員採用Q&Aより)

・栄養教諭の試験を実施せず
・特別選考Ⅱ【社会人特別選考】の選考方法を一部変更
 →筆記検査Ⅱが実施されます
・中央の保健体育の実技検査に変更
 →マット、ハードル、バレーボールが必須

新潟市が求める「教師像」

新潟市は次の3つの力を持つ「教師力」ある人を求めています。
市教育委員会HPリーフレット「新潟市で先生になろう!」より)

次代の新潟を支え、世界にはばたく心豊かな子どもを育むことのできる
「授業力」
 ねらいと児童生徒に付けたい力を明確にした授業を構想・展開・評価・改善できる能力・資質
「組織マネジメント力」
 児童生徒理解と集団状況の把握、対応・運用のできる能力・資質、学校運営に参加する能力・資質
「人間力」
 教員としての適切な言動・人間関係づくりを基盤に熱意をもって職責を遂行する能力・資質

を備えた、市民感覚に富んだ教師を求めています。

といったことが求められていますが、
どのような点に注目していくのがいいのでしょうか。
新潟県との違いも意識して考えてみましょう。
詳しくは下の動画にて。

倍率と採用予定数

気になる倍率についてですが、去年の合格者数と今年の採用予定数を比べて考えてみましょう。

校種去年の合格者数採用予定者数増減
小学校8385人程度同程度
中高共通4245人程度同程度
特別支援66人程度同程度
養護教諭86人程度同程度
栄養教諭1--
合計140142人程度同程度

栄養教諭の採用が行われないことを除けば、採用予定数は去年と同程度です。
倍率については去年の3.7倍から変動します。採用予定数は去年と同程度なのに、志願者が524人→501人と減りました。(出願状況より)
志願者が全員受験した場合、倍率は3.5倍です。ですが、実際には全員が受験することはないので倍率は下がります

新潟市の3.5倍は全国(3.6倍)とほぼ同じです。超難関というわけではありませんが、油断は禁物の倍率です。しっかりと対策をして臨むのがいいです。また、他都道府県の併願を視野に入れるのもいいでしょう。経験とチャンス、選択肢を増やすことができます。
【日本全国】66自治体の情報を集めまくって気づいたこと

面接試験

新潟市では第2次検査で2回の個人面接が行われます。
合計160点で判定が行われます。
※ただし、それぞれの面接で基準の点数を超えないと不合格になります。

個人面接A

・80点
・模擬授業・場面指導を含む

個人面接B

・80点

過去の質問内容

・教員の志望理由
・新潟市の志望理由
・なぜ県ではなく市か
・なぜこの校種か
・理想の教師像は
・ストレス解消法は
・教員に必要な資質とは
・学生時代に取り組んだことは
・部活動経験で教育に活かせることは
・授業で心がけていることは
・体罰についての考えは
・いじめについての考えは
・不登校の子どもにどう接するか
・保護者の信頼を得るにはどうするか
・自己PRを1分で

模擬授業

・模擬授業Aに含む
・問題黙読⇒留意点説明⇒模擬授業
入退室含め約10分
・面接官人

・個人面接Ⅱ:教員としての資質・能力等に関する事項

過去の課題

・『小学校1年生算数の授業です。「12枚のシールがあります。弟に9枚あげました。残りは何枚でしょう。」という問題を授業します。』

・3年生割り算の文章題

自分の未来は自分で作る

年に1回の教員採用試験。
合格すれば安定した職に就くことができますが。合格しなければ次のチャンスは1年後です。

合格できる実力を試験までにしっかりとつけたいところです。
勉強や対策は継続することで大きな力になります。

未来の後悔を避けるためにも、対策のポイントを押さえておくといいでしょう。

あわせて読みたい
【50代も合格】教採合格に向けて実力を伸ばす!効果絶大の方法

続きを見る

また、教採合格に向けて努力する一方で、人生を左右する試験を年に1回だけに絞るのはなかなかリスクの高いことだと考える方が多いです。

試験対策と同時に、セーフティネットを作っておくとで、より安心して行動できます。
教採と同時にとっておきたい行動4選【結論:早く次の行動を起こす】

教採対策おすすめ書籍

岸上 隆文

新潟市が目指す教育については新潟市教職員の資質向上に関する指標新潟市教育ビジョン第4期実施計画にまとめられています(※リンク先は概要版)。新潟市教職員人材育成リーフレットと合わせて、資料を見ることで新潟市の教育についての理解を深めるといいでしょう。

教採塾では
無料の対策メルマガ
教採対策セミナー
面接・模擬授業・小論文対策の資料
を用意しています。

詳しくはこちらのホームページから!
岸上隆文の教員採用試験対策塾

スポンサーリンク

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- kyosaijuku-kishigami-pc -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4823977368031872"
data-ad-slot="7542936846"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-中部
-, , ,