中部

【2023年】静岡県教員採用試験のポイントと対策(採用数が減少で倍率は?)

静岡
管理人

静岡県は全国でも珍しく、募集案内に働き方改革についての記載があります。去年の案内に教員の多忙や離職率を記載していたこともあり、教員の働く環境を整えようとする意識が伺えます。

試験の変更点

いくつかの変更点があります。概要は以下の通りですが、詳細は募集案内をご確認ください。

  1. 第2次選考試験の試験会場と二次地が変更(小・中・養・栄)
     →これまでと異なり県立静岡中央高校で8月8日(月)~10日(水)に実施
  2. 工業(建築・デザイン)、水産(総合)、福祉を実施(高校)
  3. 小中校特支の免許所有で教科専門試験に8点の加点(特支)

倍率と採用予定者数

気になる倍率についてですが、去年の合格者数と今年の採用予定数を比べて考えてみましょう。

校種去年の合格者数採用予定数増減
小学校216190人程度
中学校137110人程度
高等学校139130人程度
特別支援99100人程度同程度
養護教諭109人程度同程度
栄養教諭23人程度同程度
障害者特別選考?10人程度-
合計603552人程度

小中高校で採用予定数が減り、全体で去年より50人の減少です。ですが、近年の教員人気の低迷ぐあいから受験者は年々減っています。
過去3年の受験者数と倍率は以下の通りです。
R2年 721人 3.8倍
R3年 631人 4.2倍
R4年 603人 3.8倍

採用予定者数は減りますが、受験者数も同様に減ることが予想されます。ですので、倍率は去年と同程度の3.8倍~4倍くらいになるだろうと予想しています。これは全国平均の3.4倍よりも高く、早めの対策が必要になります。

不安に感じる方は併願することを視野に入れるといいでしょう。面接の経験を積むことができますし、自分の可能性や選択肢を増やすこともできます。
【日本全国】66自治体の情報を集めまくって気づいたこと

教採対策オススメ書籍

教採の対策方法はいろいろあります。
・講座を受講する
・先輩に見てもらう
・対策のサークルに参加する
などなど。

その中でもお手軽かつ効果的なのが書籍での学習です。
・必要な知識が体系的にまとめられている
・1人で学習できる
・時間や場所の制限がない
安い
と、メリットはたくさんあります。

もちろん本を読むだけでなく実際の練習は必要ですが、
読書で知識を学ぶ → 練習 → 読書 → 、、、
というサイクルをしていけば、練習の効果は倍増していきます。

教採対策のオススメ本をまとめています。
ぜひこちらも参考になさって下さい。

あわせて読みたい
合格したいなら必読の教採オススメ書籍まとめ

続きを見る

静岡県の求める人物像は

静岡県は
教育的素養
総合的人間力

の2つを中心に、教員に求められる6つの資質能力を規定しています。
教員育成指標より)

〇教育的素養
教職人生を通して、教育者として求められる使命感、倫理観、教育に対する誇り、教育的愛情の維持・向上を図っている。

総合的人間力
教職人生を通して真摯に学び続ける姿勢を持ち、地域社会との関わりの中で豊かな人間性の向上を図っている。また、「有徳の人」づくりを担う一人として、常に児童生徒の模範となるよう行動している。

○授業力
学習指導要領の趣旨を踏まえ、指導内容や指導方法について理解し、実践しようとしている。

○生徒指導力
児童生徒の発達等に関する知識を得ることや、多様な児童生徒と接する経験を持つことなどを通して、児童生徒理解に努めている。児童生徒の発達等に関する知識を得ることや、多様な児童生徒と接する経験を持つことなどを通して、児童生徒理解に努めている。

○教育業務遂行力
教員の仕事の全体像を把握し、教育に携わる者として、社会の変化や様々な教育課題等について関心と知識を持っている。

〇組織運営力
組織の一員としての自覚と責任、自ら進んで課題を発見し解決しようとする姿勢、コミュニケーション力を身に付けている。

これらのことが求められています。

面接試験

第1次選考試験

  • 個人面接
  • 10分
  • 面接官3人

評価

3人の面接官がそれぞれの項目で評価します。A~Eの5段階で、D・E評価がつくと不合格となります。
・積極性
・思考力・判断力
・協調性・社会性
・コミュニケーション能力
・態度

過去の質問内容

  • なぜ教員になりたいのか
  • どのような学級にしたいか
  • あなたのクラスでいじめが起こりましたどうするか
  • 大学時代に力を入れたことはなんですか
  • 講師になって1番うれしかった出来事は
  • 最近、教育に関する気になることは
  • 教員としての使命は
  • 教員として大切にしたいことは
  • できる喜びをどのようにして子どもと分かち合うか
  • どのような子どもに育てたいか
  • 学年の先生方と指導方法について意見が別れたらどうするか
  • どんなところが教師に向いているか
  • 苦手なタイプの児童生徒にどう接するか
  • 人生の中で最も辛かったことは
  • また、どのように乗り越えたか
  • 待っている間に何を考えていたか
  • 他校種の免許も持っているが、なぜこの校種か
  • あなたが担任にするとどんな良いことがあるか
  • 信頼される教師とは
  • なぜ民間に勤めたのか
  • 仕事から学んだことは
  • 教員採用試験は何回目の受験か
  • 採用試験を受験することについて、(今の職場の)上司に相談しているか
  • 受かったら報告して年度末に辞めるということか
  • 教員に向いているところと向いていないところは
  • (民間に勤めているが、)臨時採用教員になるという選択はなかったか
  • なぜ静岡県を志望したか
  • 静岡県の教師になったら何をしたいか
  • 小中学校で印象に残っている先生はいるか
  • 一生懸命、何かを為し遂げた経験は
  • 組織で大切なことは
  • 悩みをどのように解決するか
  • 教師の資質で大切なことは
  • 教育的愛情とは
  • 教師の不祥事にどう考えるか
  • 教師として一番何をしたいか
  • 教師の影響力について
  • ボランティアについて
  • いじめについての考えと対策はなにか
  • 教職員全体で仕事をするにあたり大切にしたいこと2つ
  • 女子生徒に接するうえで注意することは(クラス経営と授業で)

第2次選考試験

  • 20分
  • 面接官3人

過の質問内容

  • あなたが国語の授業で一番大切にしていることは
  • なかなか自分の意見を言えない子にはどのような手だてをとっているか
  • 自分の考えを持つために、子どもたちにどのような手だてをとっているか
  • 自分の意見をノートにも全然書けない子にはどのような手だてをとっているか
  • 手立てをとって、子ども達の成長の手応えはあるか
  • 一番自信をもっている教科は
  • 音楽が苦手な子にどういった働きかけをしているか
  • 周りと意見が合わないときは、どうしているか
     →具体的
  • 今までで困難をどのように乗り越えてきたか
  • 人の表情や仕草で、相手の感情を読もうとする方か
  • あなたが話を相手が飽きてきたな、機嫌が悪くなってきたなという時にどうするか
  • クラスの保護者から「うちの子がいじめられている」と電話があったら、その後どう対応するか
     →「担任のあなたのせいだ。」と言われたらどうするか
     →「うちの子は、担任のあなたがうちの子に言ったことを、みんなが真似して言ってくると言っている。だからいじめはあなたのせいだ。」と言われたらどうするか
  • 学校の存在意義は
  • 緊張しているか
  • 緊張しやすい方か
  • 特に一生懸命やりたい教科は何か
  • 理科において授業をする上で大事なことは
  • 理科でやりたい単元の構想は
  • 昆虫が苦手な子どもにどういう指導をするか
  • どの年齢の段階から理科離れになると思うか
     →その理由は
  • ・自分を高めるためにしていることは何か
  • なたの性格で一番教員に向いているところは
     →現場のどの場面で役立ちそうか
  • 今まで大変だった経験と乗り越え方
  • 教育者としてのやりがいは
  • 教育者として心配や不安はあるか
  • 教員の資質として大切なことを3つ
     →その中で一番大切なことは何か
  • 現場で嫌なことがあった時、どう乗り越えるか

集団面接

  • 集団面接だが内容は集団討論
  • 面接官3人
  • 受験生7〜8人
  • 35分間
  • 最初にテーマが与えられ、考える時間が2分。
  • その後一人ずつ順番に、一分程度で自分の考えを述べる。
  • 指示「グループ討議にうつってください。」
  • 指示「自由な話し合いですので、司会を立てたり、一つの結論をだしたりする必要はありません。」

過去の質問内容

  • 子どもの規範意識を高めるにはどうしたらよいか
  • 規範意識を高めるためにできることは何がありますか
  • 褒めることと叱ることの違いとは
  • 児童生徒との信頼関係

面接の対応力を上げるには

教採は面接でいかに高得点を取るかが重要になってきます。
面接は
・配点が高い
・講師をすることで筆記は免除になるが、面接は免除にならない
・自治体によっては、筆記で合格最低点さえ取れば面接の点数順に一次合格になる

と、教採の中でも非常にウエイトの高い試験です。
どれだけ面接を攻略していくかが教採合格の鍵を握ります。

面接が苦手な人もいれば高得点を取る人もいますが、それぞれに共通していることがあります。
それは相手に好印象を持ってもらえるかどうかが大きな要因になっています。
どれだけ正確で深い知識をもっていても、悪い姿勢でボソボソ話していては印象としては悪く、合格は難しいです。

面接で高得点を取る人、思った以上に点数が伸びない人。
それぞれの特徴については次の記事が大変参考になります。
無料で一部読めるので、ぜひ参考にしてみてください。
>>教採で落ちない面接 高得点を取る人の共通点と対策法

管理人

“ふじのくに”の未来を担う「有徳の人」を育むために、学び続ける教員の育成を目指す
とする静岡県。その教育観をより理解するには
ふじのくに「有徳の人」づくり大綱
教員育成指標
静岡県教育振興基本計画
を見ることをおすすめします。

スポンサーリンク

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- kyosaijuku-kishigami-pc -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4823977368031872"
data-ad-slot="7542936846"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-中部
-, ,