中部

【2022年】名古屋市教員採用試験のポイントと対策(大きな変更なし)

名古屋
岸上 隆文

名古屋市は「なごや子ども応援委員会」「ナゴヤの子ども元気・笑顔プロジェクト」などの取り組みがあります。こういった取り組みは面接で聞かれることもあるので、教育委員会事務局HPなどで一度は目を通しておくといいでしょう。

試験の変更点

いくつかの変更点がありますが、特に大きな変化は一次試験で集団面接が行われなくなったことでしょう。詳しくは「【動画】なごやの特色・今年の主な変更点」編(外部リンク)からご確認ください。

・一次試験での集団面接は行わない
・保健体育の実技は2次試験で実施
・スポーツ・芸術・英会話能力による特例の要件変更
・インターンシップ・いきいきサポーター経験者の活動期間を緩和

・運動・文化活動指導者への特例を追加
・子育てを理由にし退職した人の特例の追加

倍率と採用見込数

気になる倍率ですが、去年の合格者数と今年の採用予定数を比べて考えてみましょう。

校種・教科去年の合格者採用見込数採用数
小学校211約240
中高-国語29--
中高-社会20--
中高-数学25--
中高-理科22--
中高-音楽3--
中学-美術4--
中高-保体20--
中学-技術5--
中高-家庭10--
中高-英語29--
中学-約110-
高校-商業3--
高校-工業3--
高校-情報1--
高校-福祉1--
高校-約25-
中高合計175約135
幼稚園10約5
養護教諭17約15同程度
特別支援23約20同程度
栄養教諭10約5
合計446約420

小学校は1割ほど採用増ですが、全体としては減少の予定です。ですが、教員の人気は低迷しつつあります。そこから去年の4.2倍と同程度~微減だろうと予想しています。
これは全国的に見て少々高めの倍率です。ですので、併願して自分のチャンスを広げる選択肢を考えるのもいいでしょう。
2020年の教採に見る2021年の狙い目

名古屋市の求める人物像は

名古屋市は採用試験を行うにあたり、次のように説明しています。

専門的な知識と幅広い教養を有し、教育に対する情熱と使命感をもち、健康な体と豊かな人間性を備えた知・徳・体のバランスのとれた人材を選考する

また、
名古屋市教員育成指標
では次のような着任時の姿を求めています。
https://www.nagoya-c.ed.jp/ikusei/kyuuyu.pdf

素養
教員としての適性を常に意識しながら、教職に対する使命感を高める。

児童生徒理解な人
一人一人の児童生徒に対して愛情をもって接する意識を高くもち、児童生徒を共感的に理解することの大切さや合理的配慮の意義について実感を伴って理解している。

学習指導
実践的指導力の基礎となる知識、技能を習得し、体験を通して、授業づくりや授業の進め方等について理解している。

集団経営
学級・学年単位での集団づくりの基礎や、生徒指導の基礎について具体的に理解している。

マネジメント
組織の一員として同僚や外部(保護者、地域)との連携・協働、安心・安全な学校生活について実感を伴って理解している。

これらのことが求められています。

口述試験

1次試験(参考)

1次の口述試験は集団討論です。後半で討論についての質問が行われるという特徴があります。

令和3年度実施の試験では面接は行われませんが、参考に過去の面接情報を掲載します。

形式
・集団討論
・受験者8人グループ
・面接官2人
・30分
・複数の質問や課題が出されます。

過去の質問内容

・好きなスポーツを10秒考えて一斉に述べる
→理由を20秒考え、20秒で述べる
→夫婦が健康を維持するために続けるスポーツとしてなにがよいか話し合い、三つにまとめる(11分間)
→この話し合いで伝えたかったことを10秒で発表
→この話し合いで大切にした点を10秒で発表

・観光地について
→外国人に案内したい観光地について話し合う
→3つ決める

・外国の方に日本の良さを伝える時、思いつく言葉を一言で、一斉に答える
→今、発言をしたのをもう一度話して理由を言う
→外国のどこに行きたいかを3つにまとめて話し合う
→一斉に発表する
→答えたことの理由を個人で発表
→そのことについて意見を出しあう
→話し合いをする
→面接委員の質問に答える

・今の時期、料理を提供するとしたらどんなものを提供したいか
→15分でどんな料理がいいのかグループで話し合い結論を出して、代表者が1分で発表

・心が和む夏の風景について一人ずつ30秒で話す
→15分ほどで話し合って一つの風景を決める
→代表者一人がまとめる

・人の役に立っている動物は
→その理由は
(考える時間30秒、発表する時間30秒)
→8人で討論して、代表者が発表(考える時間13分、発表時間1分)
→討論して気づいたこと、感じたことは何か。(発表30秒)

・親子10組で楽しいイベントを行います。
①おしくらまんじゅう②玉入れ③かくれんぼ
この中から1つを選んで理由を含め30秒以内で述べよ
→受験者8人で話し合い、1つに絞る
→また、もっと盛り上げるための工夫を考えてまとめて
(時間:11分間)

・討論について挙手にて20秒以内に答えなさい
①討論を通して難しかったこと。
②自分の意見が変わったところはどこか。
③討論に点数をつけるとしたら何点か。理由も含めて。

・ある会社の新入社員10人で、親睦を深めるレクを考えた
①椅子とりゲーム②鬼ごっこ③ビンゴ
話し合って、1つに決める
→まず、30秒で個人の意見をいう
→12分ほどで話し合って決める
→30秒で話し合いで学んだこと、よかったことを話す

・高齢者がゲームをする時、どのゲームが良いか
①なわとび②あっち向いてほい③ボーリング

・笑顔から構想されるものをあげ、教育者がどのような支援ができるか、教育感もふまえて答えよ

・親子3代で遊園地に行き、みんなが楽しめる“愛のある”アトラクションを作るとしたらどのようなものか
→今までの自分の意見で自信があった発言は
→次の話題が出ないときは何を考えていた

・疲れた大人にあげるデザートはどのようなものがいいか
→15分間話し合い
→自分の意見は言えたか
→残り5分と言われてどう思ったか

・海外留学する人向けの雑誌で「発見」という特集を組む。その内容は
→今回の面接を通して得たこと
→今回の面接であなたの良かったところ、悪かったところ

2次試験(集団面接)

・討論あり
・場面指導含む
・受験者4人
・面接官2人
・50分

過去の質問内容

<場面指導>
・子どもに将来の仕事を考える話をしたいとき、どんなことに気をつけるか
→子どもに進路、仕事について1分半で語る

・5年生のクラスで筆箱を隠されるということが起こったら。どう指導するか
→親が「いじめではないか」と言ってきたらどうするか
→学級で話をする場面指導(1分30秒)
→今の場面指導で一番伝えたかったことを言う

・働くとはどういうことか
→自己実現とは?中学一年に話すつもりで説明

・5年生の担任で教室内にゴミが散乱している。どのように指導するか
→5年生という発達段階を踏まえ、どのような原因があるか
→5年生に清掃の意味を伝えるにはどうするか
→日本では掃除をするが、諸外国は学校で子どもが掃除しない。そこを踏まえ、子どもが掃除をする意味

・5年生で運動会の応援団の練習中に、ふざけている児童がいる。どう指導するかを具体的に
→指導しても聞かない場合どうするか
→他の教員とどのように連携をとるか
→練習後、全体に向かって何を言うか。実際に子どもに話しかけるように(1分考えて、90秒で発表)
→ この発表で、1番何を伝えたかったか?
→伝えられたか

<面接質問>
・教員についてどのような理想像を抱いているか
・教師である前に社会人としてどうありたい
・国際理解について子どもにどう伝える
・教師は常に見られていてアピールできないといけないか
・今日のファッションのアピールポイントは
・社会人としてなにを大切だと考えるか
・ストレス解消になにをするか
・苦手な同僚がいた場合、どう付き合っていくか
・その校種の志望理由
・前職の業務内容
・前職での経験で教職現場で活かせること
・教育実習や指導補助ボランティアに参加してみて、自分の考えていた教育現場とのギャップはあったか
・生きる力とは何か
・通知表の役割は何か
・いじめの定義は何か
・いじめを防ぐためにどうしどうしていくか
・人権教育をどう行うか
・保護者との信頼関係はどのように築いていくか
・発達障害にはどのようなものがあるか・
・発達障害児童への指導の際、他の教員とどのように連携を取っていくか
・学生時代に一番力を入れていたことは、
・また、そこから学んだことは
・人から何と言われるか、またその理由
・好きな科目はなにか、また素人の僕でも魅力を感じるように説明して
・最後に教員へなりたい思いを伝える
・人生最大のピンチは、どう克服したか
・育てたい子ども像
・講師として勤務していて気をつけていること
・教師に向いているところと向いていないところ

二次試験(個人面接)

・40分
・面接官3人

過去の質問内容

・なぜ名古屋市か
→愛知は受けなかったのか
・志望動機は
・実験をするときにどんなことに気をつけるか
・理科が苦手なこのためにどうするか
・いじめのないクラスにするためにどうすればいいか
・子どもから相談を受けたときに気をつけたいこと
→それをするために自分の足りない能力はないか
・個人情報の扱いについて気をつけることは
・個人情報の流出にはどんなパターンが考えられるか
・部活動の指導について
・専門以外の部活動についてはどうするか
・自分の苦手とする子どもはどんなタイプか
・そういった子に対してどうするか
・「なごや子ども応援委員会」について,知っていることは
・名古屋市が行っている教育施策で知っていることは
・インターネットのモラル指導についての考えは
・体験学習の意義は
・通級について思うことは
・虐待の種類には何があるか
・スクールカウンセラーの役割は
・教科書の役割は
・特別支援学級と普通学級どちらを希望するか
・持っている資格の中で指導に役立つものは何か
・今までの経験でアピールできることをなんでも
・ボランティアから得たことは
・名古屋市こども応援委員会について知ってること
・思いやりの心をもつには
・クラスでグループをする際に仲間はずれになる子にどう接する
・どんな学級経営がしたい
・それをどう実現する
・別の受験先と両方受かった場合どうするか
・なごや子ども応援プランについて
・通知表と指導要録の役割は
・教員として活かせる特技や資格
・教員になる上で現在努力していることは
・ボランティアで学んだ子どものよさ
・人付き合いで気をつけていることは
・人と意見が違ったときの解決策は
・最近の関心のある出来事はなにか
・評価の意義は

場面指導

2次試験の集団面接の中で場面指導が入ります。
その課題は上で集団面接の質問例と一緒に載せています。

自分の未来は自分で作る

年に1回の教員採用試験。
合格すれば安定した職に就くことができますが。合格しなければ次のチャンスは1年後です。

合格できる実力を試験までにしっかりとつけたいところです。
勉強や対策は継続することで大きな力になります。

未来の後悔を避けるためにも、対策のポイントを押さえておくといいでしょう。

あわせて読みたい
【50代も合格】教採合格に向けて実力を伸ばす!効果絶大の方法

続きを見る

また、教採合格に向けて努力する一方で、人生を左右する試験を年に1回だけに絞るのはなかなかリスクの高いことだと考える方が多いです。

試験対策と同時に、セーフティネットを作っておくとで、より安心して行動できます。
教採と同時にとっておきたい行動4選【結論:早く次の行動を起こす】

教採対策おすすめ書籍

岸上 隆文

名古屋市では志望理由や名古屋市の教育施策以外にも虐待について聞かれるケースがあります。どんな種類があり、具体的な事例を1つは知っておくようにすると良いでしょう。

教採塾では
無料の対策メルマガ
教採対策セミナー
面接・模擬授業・小論文対策の資料
を用意しています。

詳しくはこちらのホームページから!
岸上隆文の教員採用試験対策塾

スポンサーリンク

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- kyosaijuku-kishigami-pc -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4823977368031872"
data-ad-slot="7542936846"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-中部
-, , ,