九州

【2022年】長崎県教員採用試験のポイントと対策(併願や加点内容の緩和・拡大)

長崎県
岸上 隆文

ふるさと教育、キャリア教育、情報教育、特別支援教育など
長崎県は社会の変化に対応し、長崎県を支えることのできる人の育成を目指しています。そういった背景を知りつつ、対策をがんばっていきましょう。

試験の変更点

変更点はいくつかあります。詳細は令和4年度教員採用選考試験変更点についてをご確認ください。

  1. 年齢制限が49歳以下→59歳以下へと緩和
  2. 加点要件の資格が取得見込みでも申請可能に
  3. 小中学校志願者の複数免許取得(見込み)で加点対象に
  4. 大学推薦が可能に
  5. 小中学校の本免申請者は関東・関西会場での2次受験が可能に
  6. 中学受験者は第2志望で小学校免許を取得していなくても志願可能に
    ※ただし、合格後に取得しないと名簿登載取り消し。
  7. 資格があれば高校(情報)に免許がなくても志願可能に

求める教師像

長崎県が求める教師像は校種ごとに挙げられています。
長崎県教育委員会HPより)

21世紀に生きる力と郷土を担う人材を育てるために長崎県はこんな先生を求めています。

【小学校】心豊かで明るく、子どもとともに遊び、ともに学ぼうとする人

【中学校】情熱にあふれ、生徒とともにあり、わかる授業に努める人

【 高等学校】教科に関する専門性が高く、生徒の指導にも熱心に取り組み、明るく社会性に富む人

【特別支援学校】子どもに対する純粋な愛情を持ち、ともに学び、ともに成長することを喜びとする人

【養護教諭】子どもに対して深い愛情をそそぎ、健やかな成長を支えることに喜びを感じる人

これらのことが求められています。

倍率と採用予定数

気になる倍率ですが、去年と今年の採用予定者数を比べて考えてみましょう。

校種去年今年採用数
小学校220235
中学校90105
高校5055
特別支援4545
養護教諭2020
合計425460

なんと多くの校種で採用数増加です。これだけでも倍率が下がることが期待できます。ですが、教員の人気が低迷していることも考えると、倍率は去年の2.6倍から下がることが考えられます。

<追記>
志願状況が発表されました。
令和4年度長崎県教員採用選考試験志願状況
採用数が35人増えているのに対し、志願者が87人も減っています。志願倍率の段階で2.8倍です。(去年は3.2倍)

試験当日に受験を辞退する人はいるので、実際の受験倍率はさらに下がります。今年受験する方には心強い追い風となります。

とはいえ、油断は禁物です。しっかりと対策を取った上で試験に臨むことが大事です。もし不安な方は他都道府県の併願を視野に入れるのもいいでしょう。経験とチャンス、選択肢を増やすことができます。
【日本全国】66自治体の情報を集めまくって気づいたこと

面接試験

長崎県では第2次試験で個人面接が行われます。

個人面接

・中学校・高等学校英語受験者は、英語による質疑応答を含む。
※ 教科に関する課題面接を含む(養護以外)
※ 児童生徒への対応・技能等に関する課題面接を含む(養護)

・25分
・面接官3人

評価の観点

・10~1の10段階評価
・適性
・意欲
・社会性
・指導力
・専門性

質問内容など

<小学校の英会話テスト>
〇I like~ ,because~
好きなスポーツ・食べ物・季節・教科・音楽
〇I wanto to~ ,because~
教員になってやりたいこと、今やりたいこと
〇I wanto to eat~ ,because~
今食べたいもの

<面接質問>
・教員の志望理由は
・長崎県の志望理由は
・教員に求める資質・能力は
・コミュニケーション能力はあるか
・同僚と意見が異なる場合はどうするか
・長所と短所は
・長所をどう教育に活かすか
・短所をどう改善しているか
・勤務地に希望はあるか
・離島での勤務は可能か
・休み時間に一人で過ごす子にどう関わるか
・ボランティア経験は
→そこから何を学んだか
→それをどう教育に活かすか
・スマートフォンの使い方で子どもに伝えたいことは
・情報教育の中で子どもに身に付けたいさせたい力は
・理想の教師像は
→それに近づくためにどんな努力をしているか
・ストレス解消法は
・教員の不祥事についてどう考えるか
・今まであった困難は
→それをどう乗り越えたか
・理想の学級は
・「なんのために働いているか。」と聞かれたら
・部活やサークルで学んだことは
・いじめについてどう考えるか
・いじめの未然防止のためにできることは
・もし学級でいじめが起きたらどう対応するか
・インターネットでのいじめはどう防ぐか
・英語教育についての考え
・日本人は英語が話せない人が多いが、それはなぜだと考えるか
・保護者からのクレームにはどう対応するか
・ふるさと教育について
・キャリア教育の推進のために取り組めることは
・学力の充実に向けてどのようなことができるか
・ICT機器を活用する時に心がけていることは
・道徳教育で重要なことは

模擬授業

自分の未来は自分で作る

年に1回の教員採用試験。
合格すれば安定した職に就くことができますが。合格しなければ次のチャンスは1年後です。

合格できる実力を試験までにしっかりとつけたいところです。
勉強や対策は継続することで大きな力になります。

未来の後悔を避けるためにも、対策のポイントを押さえておくといいでしょう。

あわせて読みたい
【50代も合格】教採合格に向けて実力を伸ばす!効果絶大の方法

続きを見る

また、教採合格に向けて努力する一方で、人生を左右する試験を年に1回だけに絞るのはなかなかリスクの高いことだと考える方が多いです。

試験対策と同時に、セーフティネットを作っておくとで、より安心して行動できます。
教採と同時にとっておきたい行動4選【結論:早く次の行動を起こす】

教採対策おすすめ書籍

岸上 隆文

長崎県はふるさと教育を中心に9つの基本的方向性を持っています。教育施策やめざす教員像を確認しつつ、長崎県の教育への理解を深めていきましょう。
長崎県教育方針
第三期長崎県教育振興基本計画【概要版】
豊かに育て ながさきの子どもたち(長崎県教育大綱)
教員等としての資質の向上に関する指標

教採塾では
無料の対策メルマガ
教採対策セミナー
面接・模擬授業・小論文対策の資料
を用意しています。

詳しくはこちらのホームページから!
岸上隆文の教員採用試験対策塾

スポンサーリンク

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- kyosaijuku-kishigami-pc -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4823977368031872"
data-ad-slot="7542936846"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-九州
-, ,