九州

【2022年】沖縄県教員採用試験のポイントと対策(全国トップの高倍率)

沖縄県
岸上 隆文

沖縄県は範囲が広く、面接では離島やへき地への勤務がほぼ尋ねられます。可能であることを前提とした心構えで臨むのが良いでしょう。

試験の変更点

変更点はいくつかあります。詳細は令和3年度実施沖縄県公立学校教員候補者選考試験の前年度からの変更点及び概要についてをご確認ください。

  1. 1次試験で専門試験が60分に一般・教職教養が50分に変更
  2. 個人面接(模擬授業等含む)の試験時間が35分→40分に変更
  3. 中高「英語」の受験者に英語筆記試験(英作文)を実施
  4. 特別支援学校の受験者に特別支援学校専門筆記試験を実施
  5. 中高「家庭科」、中高・特支(中高)「美術」受験者に実技試験を実施
  6. 出願は基本的に電子申請のみ
  7. 2次試験の得点と書類を基に最終の合否判定

沖縄県教育委員会の求める教員像

沖縄県教育委員会の求める教員像は4つあります。
沖縄県の求める教員像についてより)

● 人間性豊かで、教育者としての使命感と幼児児童生徒への教育的愛情のある教員

● 幅広い教養と教育に関する専門的知識・技能を有し、常に学び続ける実践的指導力のある教員

● 沖縄県の自然、歴史及び文化に誇りを持ち、多様性を受容し、グローバルな視点を兼ね備えた教員

● 豊かなコミュニケーション能力を有し、組織力を活用できる総合的な人間力を持った教員

これらのことが求められています。

倍率と採用予定数

気になる倍率ですが、去年の合格者数と今年の採用予定数を比べて考えてみましょう。

校種去年の合格者数採用予定数採用数
小学校217名200名程度
中学校80名100名程度
高校55名50名程度同程度
特支(小学部)14名12名程度同程度
特支(共通)13名5名程度
養護教諭13名12名程度同程度
合計392名379名程度

沖縄県は全国トップの高倍率を誇ります。採用予定数が減ったことで、その倍率にも拍車がかかりそうに見えます。ですが、倍率は去年の8.9倍より下がると予想しています教員の人気が低迷しているからです。

<追記>
志願状況が発表されました。
令和3年度実施 教員候補者選考試験実施状況
 
 志願者は3190人。応募倍率の段階で8.4倍です。実際には当日の受験辞退者が出るので、倍率はさらに下がります

とはいえ、油断は禁物です。倍率は下がるとはいえ、全国平均の3.6倍をはるかに超える高倍率であることに変わりはありません。しっかりと対策を取った上で試験に臨むことが大事です。

もし不安な方は他都道府県の併願を視野に入れるのもいいでしょう。経験とチャンス、選択肢を増やすことができます。
【日本全国】66自治体の情報を集めまくって気づいたこと

面接試験

沖縄県では第2次試験で個人面接が行われます。
※2次で実技試験が行われる校種・教科では3次試験での実施。

個人面接

・40分(前半10分程度は模擬授業や実技)
・面接官3人
・主として人物についての個別面接による試験を行います。小学校・特別支援学校小学部では英語力についての簡単な確認を行います。

参考
【重要】 教員候補者選考試験の変更に関連する質問

教員候補者選考試験に関するよくある質問

過去の質問内容

・英語で1分間の自己紹介
・英語で自分の好きなことは何か
・1分間で長所を踏まえた自己PR
・あなたは他人からどう思われるか
・教師の志望理由
・なぜ沖縄県か
・自分の長所は
→どう教育に活かすか
・理想の教師とは
・教師に必要な資質は
→どうやってつけていくか
・卒論のテーマは
・部活やサークルでの役割は
→そこから何を学んだか
・基本的生活習慣を身に付けさせるに、どのような指導をするか
・地域の人から不審者情報の電話がはいったとき、どう対応するか
・何度注意しても反抗的な態度の子どもにどう対応するか
・離島僻地勤務は可能か
・意見があわない先生がいたときどうするか
・体罰についてどう考えるか
・最近のニュースで印象に残っているものは
・いじめの早期発見方法と、未然に防ぐためにどうするか
・もしいじめが起きたらどうするか
・いじめを心配する保護者からの連絡があったらどう対応するか
・いじめが再発したらどうするか
・教員の不祥事についてどう思うか
・どうすれば不祥事はなくせるか
・ストレス解消法は
・保護者から信頼される教師とは
・保護者との信頼を深めるにはどのようなことをするか
・保護者と対立したらどうするか
・家庭との連携をどのように行うか
・運動会練習の際、近隣から「うるさい」と苦情があればどうするか
・職員会議中に子どもから「相談がある」と言われたらどうするか
・理想の学級とは
・学級経営で心がけていることは
・学力向上のためにできることは
・授業で大事にしていることは
・学ぶ意欲向上のためにどのような工夫をしているか
・勤務校の様子は
・勤務校の課題は
・健康管理のために気をつけていることは
・不登校の子にどう接するか授業中に災害が起きた場合、どのように行動するか
・「耳が聞こえにくいから、前の席にしてほしい。」と保護者から連絡があったらどうするか
・沖縄の教育施策は
・沖縄の教育の課題は
・採用したら沖縄県にどのようなメリットがあるか
・貧困問題についての考えは
・気になる教育問題は
・ボランティア経験は
→そこから学んだことは
→教育にどう活かすか
・沖縄県の自然、文化、歴史について知っていることは
・特別支援教育についての考えは
・キャリア教育を推進する中で大切にしたいことは
・グローバル化が進むが、子どもに付けさせたい力は
・食育の推進のためにどのような取り組みができるか
・魅力ある学校とはどのようなものか
・英語教育をする中で心がけたいことは
・英語に苦手意識を持たせないために、どのようなことをするか
・情報モラルを指導する際に大事にしたいことは
・校務の負担軽減に向けて、改善できることは

模擬授業

・10分
・実践的な指導力についての試験として、事前に提示した課題に基づき、模擬授業を実施します。

過去の課題

・めあて:和語・漢語・外来語の由来について考えよう。
発問までは自分で考え行うこと。
1速さ
2速度
3スピード
を用いて授業すること

自分の未来は自分で作る

年に1回の教員採用試験。
合格すれば安定した職に就くことができますが。合格しなければ次のチャンスは1年後です。

合格できる実力を試験までにしっかりとつけたいところです。
勉強や対策は継続することで大きな力になります。

未来の後悔を避けるためにも、対策のポイントを押さえておくといいでしょう。

あわせて読みたい
【50代も合格】教採合格に向けて実力を伸ばす!効果絶大の方法

続きを見る

また、教採合格に向けて努力する一方で、人生を左右する試験を年に1回だけに絞るのはなかなかリスクの高いことだと考える方が多いです。

試験対策と同時に、セーフティネットを作っておくとで、より安心して行動できます。
教採と同時にとっておきたい行動4選【結論:早く次の行動を起こす】

教採対策おすすめ書籍

岸上 隆文

近年、沖縄県は学力が向上しています。社会の変化も合わさり、教育課題も変化しつつあります。教育委員会がまとめた資料からは、沖縄が必要としている力や抱える課題が感じられます。これらの目を通すことでその理解をより深めることができます。
沖縄県教育振興基本計画【後期改訂版】
沖縄県公立学校教員等育成指標

教採塾では
無料の対策メルマガ
教採対策セミナー
面接・模擬授業・小論文対策の資料
を用意しています。

詳しくはこちらのホームページから!
岸上隆文の教員採用試験対策塾

スポンサーリンク

<script async src="https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<!-- kyosaijuku-kishigami-pc -->
<ins class="adsbygoogle"
style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-4823977368031872"
data-ad-slot="7542936846"
data-ad-format="auto"
data-full-width-responsive="true"></ins>
<script>
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

-九州
-, ,